信濃三十三観音霊場めぐり

法善寺

信濃三十三観音霊場めぐりについて

観音巡礼とは観音像を安置する寺のうち、特に定められた三十三ヶ寺を参拝する事で、宗派に関係なくどなたでもお参り出来ます。その中でも「信濃三十三観音霊場」は信州の大自然にいだかれて県内各地に点在しております。三十三の観音霊場の中には今なお昔の栄華そのままにおごそかなたたずまいを見せているお寺もあれば、長い年月の間の中でかなり荒廃が進んでしてしまっている霊場もあり、お参りを通じて地元である信州の新たな発見もあるかもしれません。

『湯っくりコース』は3月から10月まで日帰り旅行で全8回に分けて三十三ヶ寺をお参りしますので、どのコースもゆっくりとした行程になっており、初めての方でも無理なく気軽にご参加いただけます。またその都度、近隣の名所旧跡も訪ねる、観光要素も加え、さらに、温泉施設でお昼休憩いたしますので、広間で休憩したり温泉もお楽しみいただけるよう厳選してコース設定してありますので、温泉で旅の疲れも癒せるコースです。(㊟ 昼食は自由食です)

『早回りコース』は温泉休憩はございませんが、『湯っくりコース』より参加回数が少ないので、お客様のご負担が少なくなっておりまして、さらにこちらのコースは[昼食付き]となっておりますのでご昼食の心配がいりません。また、今年は日曜日設定してございますので、お仕事の関係等で日曜日しか参加できないというお客様にお薦めです。

心のリフレッシュを願う方、人生の節目を迎えた方、亡き人の供養を願う方、家族の幸せを願う方、等等…ご希望のコースのみのご参加、お一人様のご参加も大歓迎です。
是非ご一緒いたしましょう。

札
《信濃三十三観音霊場めぐりの起源》
観音信仰は、観音さまが衆生済度のため三十三身に変化するといわれています。これに因んだ、三十三観音霊場めぐりの信仰は京都を中心にはじまりましたが、信州でも戦国時代の終わり頃には見られ、やがて江戸時代になると西国、坂東、秩父の巡礼の盛行と共に、信濃三十三番札所が出来あがってきました。江戸時代に成立した地方の観音札所は江戸、三河、会津の三ヶ所に過ぎない事から信濃の札所の成立は全国的にみても早い時期のものである事がわかります。

コースのご案内

北信発・信濃三十三観音霊場めぐりと信州名所めぐり 入浴休憩付き『湯っくりコース』

北信地方にお住まいの皆様は上記のコースになります。長野県内に点在する三十三の観音霊場を巡るツアーで、ゆっくり温泉で寛ぎながら行くハト観光一押しのプランです。

北信発・信濃三十三観音霊場めぐり 昼食付き『早回りコース』

北信地方にお住まいの皆様は上記のコースになります。

東信発・信濃三十三観音霊場めぐりと信州名所めぐり 入浴休憩付き『湯っくりコース』

東信地方にお住まいの皆様は上記のコースになります。長野県内に点在する三十三の観音霊場を巡るツアーで、ゆっくり温泉で寛ぎながら行くハト観光一押しのプランです。

東信発・信濃三十三観音霊場めぐり 昼食付き『早回りコース』

東信地方にお住まいの皆様は上記のコースになります。