西国三十三番観音霊場札所巡り

西国三十三所とは

観音巡礼で最も古い歴史をもち各地にある三十三観音霊場の元となった西国札所は八世紀初め養老二年に大和長谷寺の徳道上人が閻魔大王のお告げを受け起請文と三十三の宝印を授かり、その宝印に従い三十三霊場を定めたが、その時は世の人の信用を得られず巡礼は発展しなかった。そこで、上人は機が熟すのを待つためその宝印を摂津國中山寺の石櫃に納めたとされ、その後、270 年後に花山法皇により再興されたという伝説がある霊場、また西国霊場の寺院は観光名所として有名なお寺が多く、お参りを通じてまた新たな発見や感動があると思います。

旅行のご案内

期日 泊数 旅行日程 旅行代金 詳細・予約
Aコース 2019年3月10日(日)~12日(火) 2泊3日 1番~5番参拝 55,000円(税込) ツアー詳細

※特別拝観スケジュールにより、日程変更する場合がございます。